住宅ローンでお困りの方へ|所沢の賃貸のことならセンチュリー21三巧商事

住宅ローンでお困りの方へ

住宅ローンの返済でお困りの方へ是非、ご相談ください。

ご売却相談

解決策としていくつかの方法があります。

住宅ローンを滞納し続けると、債権者(金融機関など)の申し立てにより、不動産を競売にかけられてしまいます。競売になってしまうと、市場価格より低い価格で第三者に落札され、否応なく立ち退きさせられてしまうだけでなく、競売物件として近隣に事情を知られてしまいます。

「任意売却」とは?

住宅ローンの返済が困難になり、担保となる不動産が競売手続きに入る前に、債権者(金融機関など)の合意を得て、債務者の意思で売却することをいいます。競売と違い、任意売却は、債権者と交渉ができる為、できる限り良い条件で解決する事が可能です。

その「任意売却」と「競売」の違い

任意売却のデメリット   任意売却のデメリット
市場価格に近い価格で売却が可能なため、残りの債務(借金)を少なくできる。 売却価格について 市場価格よりかなり低い価格で落札されるため、債務(借金)が多く残る。
通常の売却と同様に、近隣に事情を知られることはない。 プライバシーについて 競売物件として新聞等で告知されるため、近隣に事情を知られてしまいます。
交渉できます。 残債務の返済について 交渉できません。
引越時期の希望をある程度交渉可能。 退去日について 落札されると立ち退きを迫られ、場合によっては強制退去させられます。
交渉次第で引越し費用を捻出できるため、新しい生活をスタートしやすくなります。 引越し費用について 原則として立ち退き料などはもらえません。

その「任意売却」のメリット

1.売却に掛かる諸費用を用意しなくて良い。(売却代金から手数料、債務の抹消費用等を差し引く事ができます)
2.賃貸物件としてそのまま住み続けることが可能な場合もあります。

任意売却1日も早くご相談下さい

上記の表からも分かるように、競売に比べて任意売却はメリットの多い解決方法になりますが、1日も早い行動が重要になります。住宅ローンの悩みは、なかなか他人には相談しづらいものですが、早ければ早いほど、良い条件で任意売却のご提案が可能になります。逆に、ローン滞納後に裁判所より競売の通知が届いてしまうと、任意売却ができなくなってしまう場合もあります。
お客様からいただく費用はありません

「任意売却」の流れ