資産活用(アパート・マンション・貸家等を建てたい)|所沢の賃貸のことならセンチュリー21三巧商事

資産活用(アパート・マンション・貸家等を建てたい)

アパート・マンション・貸家等を建てたい

マンション・アパート経営は、FX、先物などとは違い、投資としてはミドルリスク・ミドルリターンと言えます。
借地経営の目的はいろいろあります。低金利が続く時代にありますが、低金利のローンを利用する事で収益の安定を受ける事ができます。
また、資産税の優遇、年金対策あるいは資産相続においてマンションやアパートの経営は実力を発揮いたします。

収益性を保ちながら節税や相続にメリットが出せる不動産活用として支持されています。

こんな方は是非三巧商事にご連絡ください!


アパート・マンション・賃貸を建てるメリット

賃貸アパート、マンションを建設する事により、土地と建物の相続税評価額を下げる事が可能になり、節税効果が期待できます。また、建物に借入金があれば、遺産総額からその額を差し引くことができます。
土地を所有していると、毎年固定資産税と都市計画税(都市計画区域のある市町村)がかかります。
その土地に賃貸アパート、マンションを建てる事により固定資産税の軽減措置があります
しっかりと管理する事により、安定的な家賃収入を得られます。
(しっかりとした返済計画、建物及び入居者管理、計画的な修繕計画等、様々な要素が必要です。)

アパート・マンション・賃貸を建てる際ポイント

アパート・マンションなど賃貸経営には上記のように多くのメリットがありますが、空室や家賃の値下がり等のリスクも考えなければなりません。
そこで重要なのがアパートやマンションを建築する前の事前調査と建物企画などの綿密な経営計画です。

賃貸住宅のニーズがあるかどうかを十分に調査し長期で安定的に経営できるアパート・マンションを建てる事が成功への近道となります。

最近ですと、住まいに関して所有するという考えから借りるという考え方にシフトする方も増えてきておりますが、その地域のニーズにあった建物をつくりその建物に住みたいと思わせる戦略が必要となります。